青汁は女性の味方として活躍?

Posted by zhadmin on 2014年3月11日 under 青汁 | Be the First to Comment

青汁を飲んでいる方も増えてきているみたいですが、本当に体に良いものですのでぜひ試していただきたいですね。
青汁にはダイエット効果もありますので、女性にとっては非常に嬉しいものだと思いますよ。
脂肪を燃焼させやすくするための代謝もあげてくれるので、とても良いかと思います。
また、便秘を解消してくれる作用もありますので本当に助かりますし良いものですよね。


青汁は飲みやすくなってきています

青汁は飲みやすく改善されていますので、比較的にどなたでも飲めるようになっています。
苦味などを抑えたものを中にはありますから、お子さんでも飲めるのではないかと思います。
何かに混ぜて飲んでみるとか、料理に混ぜてみると言うのもいいかと思います。
色々工夫をして楽しんでみてはどうでしょうか?


野菜不足の方にも

青汁は野菜不足の方にも良いと言われています。
確かに一日に必要な野菜は食べきれないほどありますので、それを飲んで補う事が出来ると言うのは非常に嬉しい事ですよね。
一日一杯飲み、それを毎日続けることで少しずつ体も変化してくるのではないかと思います。
野菜嫌いの方も飲むだけで野菜を補う事が出来ますので、ぜひ試していただけたらと思います。
野菜が嫌いな方は、ご自分の好きなものに混ぜて飲んでみるのが良いかと思いますよ!

関連サイト→青汁の人気比較ランキング(http://www.futuresourceuk.com/)

スムージー人気で青汁が見直されている

Posted by zhadmin on 2015年4月15日 under 青汁 | Be the First to Comment

ダイエットや健康というのは人間の生活と切っても切れない関係にありますよね。
自分の体型や健康のことで悩んだことのない人はもしかしたらいないのではないでしょうか?
そのような人が真っ先に気にすることといえば、食事。
現在は「飲むだけダイエット」というのが流行っていて、中でも野菜や果物をヨーグルトや牛乳と混ぜて飲むスムージーが注目を集めています。
それと同時に青汁の存在感もまた強くなってきているのです。


青汁が飲みにくい時代は終わった

スムージーの場合、ケールなどの苦味のある野菜も、ヨーグルトなどの乳製品と一緒に混ぜることでごくごくと飲めるようになっています。
一方青汁は、乳製品などとまぜることがないため、野菜本来の味を前面に出しているわけです。
そのためケールの苦味などが強く、飲みにくいというイメージを持たれてしまっていました。
しかし、今は違います。
青汁は、どんどん飲みやすいように改良されてきているのです。


今の青汁の形

現在では、錠剤青汁や粉末青汁といった、手軽にかつあまり苦味を感じないまま摂取できる形のものが作られるようになりました。
錠剤ならそのまま飲み込んでしまえばいいだけですし、粉末ならば何かに混ぜてしまって飲んでしまえばいいだけです。
苦味というものだけが厄介でしたが、その苦味を攻略する方法が近年になってたくさん生み出されています。
だからもう、あの味を恐れずに手軽に栄養を摂取しちゃってくださいね!

冷凍と粉末、どっちの青汁がいいの?

Posted by zhadmin on 2014年8月29日 under 青汁 | Be the First to Comment

一番初めに広く知られてきっかけとなった「う?ん、まずい、もういっぱい」の青汁は素材そのものを液状にして、それを冷凍していたものでした。解凍して飲むことから、効果的に大量の野菜を食べているのと同じ感覚です。感覚的には同じような物ですので、今流行のスムージーを想像すれば近くなります。青臭さは損なわれないまま冷凍されていますので、飲みにくい反面栄養素が豊富になります。


<栄養素は冷凍、飲みやすさは粉末>

青汁の原料には水溶性の食物繊維や熱に弱いビタミン類などが豊富に含まれています。そのため粉末に加工する過程において、多くの栄養素は損なわれてしまいます。冷凍であるとそれを損なうこと無く取り入れることが出来るという大きなメリットがあり、圧倒的に栄養素の面では粉末に勝ります。しかし粉末は飲みやすさから毎日続けるストレスが軽減されますし、他の有効な栄養素をもつ素材をブレンドすることも可能です。ウイークポイントをカバーするだけのメリットもありますので、どちらが良いとは言い切れません。生野菜を食べるか、食べやすく大量に摂取できる温野菜を食べるかといった違いに近しいものがあります。素材そのものの良さを取り入れるのも大切ですし、食べやすい状態で大量に摂取することも効果的なのです。それが冷凍と粉末の青汁の違いでもあります。

青汁のもっとも効率的な飲み方

Posted by zhadmin on 2014年5月30日 under 青汁 | Be the First to Comment

青汁にはさまざまな加工法があります。実は加工方法によって味は大きく変わってしまいます。また、配合する植物によっても変わるため、成分表を見ただけではどれくらいいいのか判断できない難しさが青汁にはあります。


<加工法による違い>

もともとの栄養素が同じだったなら、もっとも栄養価が高いのはフリーズドライです。これは乾燥させただけなので成分が全く失われていません。栄養素の中には熱に弱いものもあるので、加熱殺菌されているペットボトルや粉末のものは栄養価が失われているでしょう。冷凍は栄養価が残っていますが、摂取しにくいという難点があります。


<重要な要素である飲みやすさ>

いくら栄養価が高くても飲み続けられなければ意味がありません。青汁といっても味はピンからキリまであるので、製品によって好き嫌いは大きく分かれるはずです。その中でももっとも好き嫌いに関係なく効率的に摂取する方法は、錠剤です。錠剤にしてしまえば味は関係がなくなるので、栄養を追求するなら時間もかからない錠剤がベストです。一方で、味を重視したデザートのような青汁もあります。それらは栄養より食べやすさや美味しさを重視した製品で、青汁でも味を楽しみたいという方に適しています。

大麦若葉青汁について

Posted by zhadmin on 2014年4月11日 under 青汁 | Be the First to Comment

大麦若葉といえば青汁。聞いたことがある人も多いと思います。大麦の実をつける前の約20センチ程度に成長して青々とした葉の部分のことを指します。


<大麦若葉を育てるために必要なこと>

大麦を育てる際に「麦踏み」という作業をすることをご存知でしょうか?大麦というのは自分のみの危険があると、それに対処しようとする強い生命力があります。そのため以前よりも強くて硬い茎や葉を作ろうとするためより美味しい大麦へと成長していくのです。


<豊富な栄養素のかたまり>

大麦という食材はまさに生命の原点とも言える食材なのです。そのため栄養価も高く、食物繊維はキャベツの15倍、カルシウムは牛乳の10倍もあると言われています。そのため、最近の健康ブームにより注目を集めるようになってきました。ただ単に青汁といっても、大麦若葉を使った青汁は食物繊維が豊富なため、腸のなかの善玉菌を増やして、悪玉菌をへらしてくれます。腸内環境を良くしてくれます。女性の方は便秘になりやすいため積極的に食物繊維をとりたいと思っている人が多いと思います。1日に必要な食物繊維の量は17グラム以上とされていて、大麦若葉の青汁には大体100gにたいして30グラムの食物繊維が含まれているそうです。上手に取り入れることで1日の食物繊維目標量にぐっと近づける事ができます。これからは特に女性の方は、大麦若葉に注目してみましょう。

子供も青汁を飲む時代

Posted by zhadmin on 2014年2月21日 under 青汁 | Be the First to Comment

青汁は長らく健康飲料としてどちらかというと年配の方に飲まれてきました。しかし美肌や美容に効果があるという事から、また味や形状が飲みやすく改善された事から最近では若い愛飲者の方も多く見受けられるようになってきました。さらに最近では小さなお子様の野菜不足を解消させる為にお子様も含めた家族で青汁を飲んでいるといった家庭も増えてきています。


子供が青汁を飲む苦労

しかしいくら身体に良いとは言え幼稚園や小学校に通っているような小さなお子様に大人でも苦手な人がいる青汁を飲ますのは一筋縄ではありません。例えば青汁の持つ苦味や渋みを緩和させようと牛乳を混ぜようにも、牛乳が嫌いな子供というのは意外と多くかえって飲み辛くしてしまったというパターンも。また味を感じる事なく飲めるのがウリの錠剤タイプの商品も子供にとっては飲み込むのが大変でかえって辛い思いをしてしまう事も。


子供が飲める商品の登場

それでも小さなお子様が青汁を飲めるようになった背景には子供用商品の普及があります。例えばある商品では従来の成分に加えバナナやサトウキビが配合されており、甘くクリーミーで飲みやすく加工されていると言います。また牛乳がはいっていない為牛乳が嫌いなお子様でも飲みやすく、一部の大人にも人気だと言います。

青汁?いいえ、緑汁です

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

皆さん一度は疑問に思った事は無いだろうか、「青汁」って「緑汁」じゃないかと。
確かにその意見は尤もなものですし本当に青色の汁が出てきた時には人間の飲む飲み物ではないような気もします。それに青い商品があるのかと言われると青汁といえばケールや大麦若葉といった緑葉野菜が主原料として使われる為必然的に色は皆さんの思い浮かべるような緑になります。
緑の青汁を青と呼ぶのは単純に日本では昔緑色の物を青色と読んでいた文化の名残に過ぎません、青信号のように。
しかし私は見つけてしまったのです、青汁でありながら商品名が「緑汁」というその商品を。


ユーガレナ・ファームの緑汁という青汁

それはユーガレナ・ファームの緑汁という商品で、何度見返しても確かに商品名は緑汁となっています。ただこの運営会社が余程正直で青くない青汁に緑汁という名前をつけたのかというと実はそうではありません。ユーガレナとは即ちミドリムシの事であり、この商品はその名前の通り緑葉野菜に加えミドリムシが配合されているといいます。一時期日本科学未来館で発売され話題になった「ミドリムシクッキー」等からもわかるようにミドリムシは人間に必要な栄養価が多く含まれた非常に健康にいい微生物なのです。その為商品名である緑汁も正確にはこのミドリムシから来たものだと推測できます。

青汁は飲みやすくなってきている?

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

最近の青汁は以前のものと比べて比較的に飲みやすくなってきていますので、あまり苦味はないかと思いますが、メーカーによって異なってきますので事前に確認されておかれることをお勧めします。
ケールの味が強いものや大麦若葉をよく配合している物などがありますが、そちらが私たちの良く知っているスタンダードの青汁とされています。
中には抹茶に近いものもあるみたいですので、お茶がお好きな方はそちらを選ばれるのが良いかと思いますよ。


イライラにも青汁が良い?

最近になってやたらイライラすることが多くなった方も中にはいらっしゃるのではないのでしょうか?
疲れが取れにくいと感じている方や、集中力が続かない・朝起きるのがつらい方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方にも青汁が良いとされています。
その原因は野菜不足だという方もいるので野菜を補給するようにしましょう。
基本的なビタミンやミネラルが不足してイライラにつながるので、まずはその二つをしっかり補給されるのが良いかと思います。


サプリメントよりも続けやすい?

サプリメントで健康を保っている方もいるかと思いますが毎回毎回サプリメントを飲むのは持続しにくいと思いませんか?
飲み忘れてしまったということも経験されている方がいるかと思います。
ですから、飲む方が忘れにくいのではないかと思うのですが皆さんはどう思いますでしょうか?
何かに混ぜて飲んだりできますので、色々試しながら飲めるのも楽しくて良いかと思います。

青汁が飲みにくいと思う人へ美味しいレシピ

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

青汁はまずいもの!と思ってしまいますよね。イメージというのは大きいもので、なぜか美味しいと言われても、まずいものと思うと飲みにくくなるものです。また青汁は非常に飲みやすくなったとは言われていますが、やはりジュースのようにグビグビ飲めるものではありません。


青汁をリンゴジュースで割る

そこで、少しでも苦みや葉っぱのにおいを軽減する方法として、リンゴジュースで割るという方法が人気なのだそうです。ミルクや豆乳で割るという方法もあります。豆乳だと、ミルクよりも後味などは残ってしまいやすいことがあるそうですが、くさみが気になりにくいと言われているそうです。また、野菜ジュースや乳製品飲料で割っても、さわやかになると言われています。


抹茶のような味が増えている

抹茶味に近い青汁が増えているそうです。そこで抹茶風にして味があうものを選ぶという人も多いと言われています。バナナやヨーグルトに混ぜて、おやつの代わりに食べるという人もいるそうです。またスパイスなどを足してホウレンソウのカレーのようにして食べるという人もいます。工夫次第で、レシピもたくさん増えそうですね。抹茶味に合うものであれば、もしかしたらバニラアイスなどと一緒に食べても美味しいかもしれません。

青汁に含まれる食物繊維のいいところ

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

青汁の中には食物繊維が豊富に含まれているものがあります。青汁によってその含有量なども違いますが、まずは食物繊維の種類について知っておきたいことがあります。食物繊維は2種類に分かれていて、水溶性食物繊維と、不要性食物繊維です。前者が、水に溶けるタイプの食物繊維、後者は消化されずに大腸でエネルギーになるものです。


青汁で便秘解消を狙うなら食物繊維の入ったものを

青汁には便秘解消効果があるなどと言われていますが、この効果を期待するのであれば、食物繊維がなるべく豊富に含まれているものを選ぶといいでしょう。食物繊維は消化される間に体内で10倍くらいの大きさになるそうです。この膨張することで、大腸の隅々にいきわたり、大腸の活動を活発化してくれると言われています。便秘とはお腹が動きを辞めてしまった状態です。


水溶性食物繊維の効果

水に溶ける食物繊維には、水分を保有し、消化吸収を抑える効果があると言われています。そのため、ダイエット効果などが出る場合もあるそうです。こんにゃくや寒天などに含まれている食物繊維も水溶性食物繊維と呼ばれるもので、血糖値の吸収を穏やかにする役割があるそうです。青汁でダイエット効果や便秘解消効果を考えるのであれば、2つの食物繊維が豊富に含まれるメーカーのものを選ぶといいでしょう。