青汁のもっとも効率的な飲み方

Posted by zhadmin on 2014年5月30日 under 青汁 | Be the First to Comment

青汁にはさまざまな加工法があります。実は加工方法によって味は大きく変わってしまいます。また、配合する植物によっても変わるため、成分表を見ただけではどれくらいいいのか判断できない難しさが青汁にはあります。


<加工法による違い>

もともとの栄養素が同じだったなら、もっとも栄養価が高いのはフリーズドライです。これは乾燥させただけなので成分が全く失われていません。栄養素の中には熱に弱いものもあるので、加熱殺菌されているペットボトルや粉末のものは栄養価が失われているでしょう。冷凍は栄養価が残っていますが、摂取しにくいという難点があります。


<重要な要素である飲みやすさ>

いくら栄養価が高くても飲み続けられなければ意味がありません。青汁といっても味はピンからキリまであるので、製品によって好き嫌いは大きく分かれるはずです。その中でももっとも好き嫌いに関係なく効率的に摂取する方法は、錠剤です。錠剤にしてしまえば味は関係がなくなるので、栄養を追求するなら時間もかからない錠剤がベストです。一方で、味を重視したデザートのような青汁もあります。それらは栄養より食べやすさや美味しさを重視した製品で、青汁でも味を楽しみたいという方に適しています。