子供も青汁を飲む時代

Posted by zhadmin on 2014年2月21日 under 青汁 | Be the First to Comment

青汁は長らく健康飲料としてどちらかというと年配の方に飲まれてきました。しかし美肌や美容に効果があるという事から、また味や形状が飲みやすく改善された事から最近では若い愛飲者の方も多く見受けられるようになってきました。さらに最近では小さなお子様の野菜不足を解消させる為にお子様も含めた家族で青汁を飲んでいるといった家庭も増えてきています。


子供が青汁を飲む苦労

しかしいくら身体に良いとは言え幼稚園や小学校に通っているような小さなお子様に大人でも苦手な人がいる青汁を飲ますのは一筋縄ではありません。例えば青汁の持つ苦味や渋みを緩和させようと牛乳を混ぜようにも、牛乳が嫌いな子供というのは意外と多くかえって飲み辛くしてしまったというパターンも。また味を感じる事なく飲めるのがウリの錠剤タイプの商品も子供にとっては飲み込むのが大変でかえって辛い思いをしてしまう事も。


子供が飲める商品の登場

それでも小さなお子様が青汁を飲めるようになった背景には子供用商品の普及があります。例えばある商品では従来の成分に加えバナナやサトウキビが配合されており、甘くクリーミーで飲みやすく加工されていると言います。また牛乳がはいっていない為牛乳が嫌いなお子様でも飲みやすく、一部の大人にも人気だと言います。

青汁?いいえ、緑汁です

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

皆さん一度は疑問に思った事は無いだろうか、「青汁」って「緑汁」じゃないかと。
確かにその意見は尤もなものですし本当に青色の汁が出てきた時には人間の飲む飲み物ではないような気もします。それに青い商品があるのかと言われると青汁といえばケールや大麦若葉といった緑葉野菜が主原料として使われる為必然的に色は皆さんの思い浮かべるような緑になります。
緑の青汁を青と呼ぶのは単純に日本では昔緑色の物を青色と読んでいた文化の名残に過ぎません、青信号のように。
しかし私は見つけてしまったのです、青汁でありながら商品名が「緑汁」というその商品を。


ユーガレナ・ファームの緑汁という青汁

それはユーガレナ・ファームの緑汁という商品で、何度見返しても確かに商品名は緑汁となっています。ただこの運営会社が余程正直で青くない青汁に緑汁という名前をつけたのかというと実はそうではありません。ユーガレナとは即ちミドリムシの事であり、この商品はその名前の通り緑葉野菜に加えミドリムシが配合されているといいます。一時期日本科学未来館で発売され話題になった「ミドリムシクッキー」等からもわかるようにミドリムシは人間に必要な栄養価が多く含まれた非常に健康にいい微生物なのです。その為商品名である緑汁も正確にはこのミドリムシから来たものだと推測できます。

青汁は飲みやすくなってきている?

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

最近の青汁は以前のものと比べて比較的に飲みやすくなってきていますので、あまり苦味はないかと思いますが、メーカーによって異なってきますので事前に確認されておかれることをお勧めします。
ケールの味が強いものや大麦若葉をよく配合している物などがありますが、そちらが私たちの良く知っているスタンダードの青汁とされています。
中には抹茶に近いものもあるみたいですので、お茶がお好きな方はそちらを選ばれるのが良いかと思いますよ。


イライラにも青汁が良い?

最近になってやたらイライラすることが多くなった方も中にはいらっしゃるのではないのでしょうか?
疲れが取れにくいと感じている方や、集中力が続かない・朝起きるのがつらい方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方にも青汁が良いとされています。
その原因は野菜不足だという方もいるので野菜を補給するようにしましょう。
基本的なビタミンやミネラルが不足してイライラにつながるので、まずはその二つをしっかり補給されるのが良いかと思います。


サプリメントよりも続けやすい?

サプリメントで健康を保っている方もいるかと思いますが毎回毎回サプリメントを飲むのは持続しにくいと思いませんか?
飲み忘れてしまったということも経験されている方がいるかと思います。
ですから、飲む方が忘れにくいのではないかと思うのですが皆さんはどう思いますでしょうか?
何かに混ぜて飲んだりできますので、色々試しながら飲めるのも楽しくて良いかと思います。

青汁が飲みにくいと思う人へ美味しいレシピ

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

青汁はまずいもの!と思ってしまいますよね。イメージというのは大きいもので、なぜか美味しいと言われても、まずいものと思うと飲みにくくなるものです。また青汁は非常に飲みやすくなったとは言われていますが、やはりジュースのようにグビグビ飲めるものではありません。


青汁をリンゴジュースで割る

そこで、少しでも苦みや葉っぱのにおいを軽減する方法として、リンゴジュースで割るという方法が人気なのだそうです。ミルクや豆乳で割るという方法もあります。豆乳だと、ミルクよりも後味などは残ってしまいやすいことがあるそうですが、くさみが気になりにくいと言われているそうです。また、野菜ジュースや乳製品飲料で割っても、さわやかになると言われています。


抹茶のような味が増えている

抹茶味に近い青汁が増えているそうです。そこで抹茶風にして味があうものを選ぶという人も多いと言われています。バナナやヨーグルトに混ぜて、おやつの代わりに食べるという人もいるそうです。またスパイスなどを足してホウレンソウのカレーのようにして食べるという人もいます。工夫次第で、レシピもたくさん増えそうですね。抹茶味に合うものであれば、もしかしたらバニラアイスなどと一緒に食べても美味しいかもしれません。

青汁に含まれる食物繊維のいいところ

Posted by zhadmin on under 青汁 | Be the First to Comment

青汁の中には食物繊維が豊富に含まれているものがあります。青汁によってその含有量なども違いますが、まずは食物繊維の種類について知っておきたいことがあります。食物繊維は2種類に分かれていて、水溶性食物繊維と、不要性食物繊維です。前者が、水に溶けるタイプの食物繊維、後者は消化されずに大腸でエネルギーになるものです。


青汁で便秘解消を狙うなら食物繊維の入ったものを

青汁には便秘解消効果があるなどと言われていますが、この効果を期待するのであれば、食物繊維がなるべく豊富に含まれているものを選ぶといいでしょう。食物繊維は消化される間に体内で10倍くらいの大きさになるそうです。この膨張することで、大腸の隅々にいきわたり、大腸の活動を活発化してくれると言われています。便秘とはお腹が動きを辞めてしまった状態です。


水溶性食物繊維の効果

水に溶ける食物繊維には、水分を保有し、消化吸収を抑える効果があると言われています。そのため、ダイエット効果などが出る場合もあるそうです。こんにゃくや寒天などに含まれている食物繊維も水溶性食物繊維と呼ばれるもので、血糖値の吸収を穏やかにする役割があるそうです。青汁でダイエット効果や便秘解消効果を考えるのであれば、2つの食物繊維が豊富に含まれるメーカーのものを選ぶといいでしょう。