青汁に含まれる食物繊維のいいところ

Posted by zhadmin on 2014年2月21日 under 青汁 | Be the First to Comment

青汁の中には食物繊維が豊富に含まれているものがあります。青汁によってその含有量なども違いますが、まずは食物繊維の種類について知っておきたいことがあります。食物繊維は2種類に分かれていて、水溶性食物繊維と、不要性食物繊維です。前者が、水に溶けるタイプの食物繊維、後者は消化されずに大腸でエネルギーになるものです。


青汁で便秘解消を狙うなら食物繊維の入ったものを

青汁には便秘解消効果があるなどと言われていますが、この効果を期待するのであれば、食物繊維がなるべく豊富に含まれているものを選ぶといいでしょう。食物繊維は消化される間に体内で10倍くらいの大きさになるそうです。この膨張することで、大腸の隅々にいきわたり、大腸の活動を活発化してくれると言われています。便秘とはお腹が動きを辞めてしまった状態です。


水溶性食物繊維の効果

水に溶ける食物繊維には、水分を保有し、消化吸収を抑える効果があると言われています。そのため、ダイエット効果などが出る場合もあるそうです。こんにゃくや寒天などに含まれている食物繊維も水溶性食物繊維と呼ばれるもので、血糖値の吸収を穏やかにする役割があるそうです。青汁でダイエット効果や便秘解消効果を考えるのであれば、2つの食物繊維が豊富に含まれるメーカーのものを選ぶといいでしょう。

Comments are closed.